pic337

Shall we?

『三銃士 / 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011)』のセリフShall we?です。

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(さんじゅうし おうひのくびかざりとダ・ヴィンチのひこうせん、原題: The Three Musketeers)は、アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『三銃士』を原作との作品です。

『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンによって監督された2011年の3Dアクション映画作品。2011年9月1日にドイツで封切られました。
キャッチコピーは「伝説よりも、ハデにいこうぜ!」でしたよね。

アレクサンドル・デュマ原作の小説を大胆にアレンジしたアクション作品で、17世紀のフランス。銃士に憧れる青年ダルタニアンは、ひょんなことから最強とうわさされる三銃士と意気投合するという物語です。そんな中、女スパイのミレディが王妃の首飾りを盗み出す。首飾りの奪還を依頼された4人は、権力争いと陰謀から国を守るためミレディを追うストーリーです。

このなかのセリフShall we?です。
セリフ:

Milady: Shall we?
ミレディ:いいかしら?

シーン:

ダルタニアンがパリで三銃士に出会う3年前でした。ミレディと三銃士は、ヴェニスでダ・ヴィンチの飛行船設計図を手に入れようとしていた。フレーズは、ミレディが秘密の部屋への鍵を開ける際に三銃士に掛けた言葉は、「準備はいい?」「それでは始めようか」「さあやろう」など、これから取る行動の前置きとしてよく使われるのがこのShall we?なんですよ。

このフレーズのみのときは、疑問文 Shall we ~ ? (~しませんか)の「~(具体的内容)」の部分や、付加疑問文 Let’s ~, shall we? の「Let’s ~(具体的内容),」が説明が不要なほど明らかなため省略されています。

少しカジュアルなシーンでよく使われる表です。

やってみよう!のような誘う表現ですね。

こんなふうに使ってみよう

Silberman: Let’s move on, shall we?
シルバーマン:では次に移ろう、いいかな?
『ターミネーター2』(91)より

Shall we dance?は日本でもはやりましたよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です