51v2Iw0PQ9L._SL160_

That can’t be right.

映画 『スモーキング・ハイ』ワンシーンでこんなセリフがあります。

That can’t be right.
訳としては、「おかしいな。」などとなります。

「That can’t be right.」は、それが「合っているはずがない。」という事、
「おかしいな。」などといった意味で使われます。
〓〓〓〓〓〓〓[例文]〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

昼休みに銀行で通帳記帳をしてきた同僚が何やら青ざめている。
○ That can’t be right.

● What is it?

○ There’s not a penny left in my bank account!
○ おかしいな。

● どうした?

○ 銀行口座に1円も残ってないんだ。

スモーキング・ハイは、召喚状の配達人をしているデール。

ある日、召喚状を配達する家の前に車を止め、マリファナを吸っている と、家の中でアジア系の男性が殺害されるのを目撃してしまう。

男性を殺したのは街の麻薬を牛耳るテッドだと馴染みの売人ソール から聞かされたデール。

やがてデールとソールはテッドから命を狙われる事に・・・・

-出演-
○セス・ローゲン(召喚状の配達人、デール役)
○ジェームズ・フランコ(マリファナの売人、ソール役)
○ゲイリー・コール(街の麻薬王、テッド役) 他

『スモーキング・ハイ』をレンタルする
▼街の麻薬王テッドが人殺しをした現場を目撃し、テッドに命を
▼狙われる事となってしまったデールとソール。

▼一旦、森へと行き、車の中で一夜を過ごす。

▼目を覚まし、腕時計を見るデール。しかし壊れていて時間が
▼分からない。

▼そこでソールに時間を聞く。
■腕時計を見ながらソールが一言

映画も一緒にお楽しみください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です