pic352

I wish I could.

映画 『クレイマー、クレイマー(1979)』ワンシーンでこんなセリフがあります。

仕事優先のテッドに嫌気が差した妻ジョアンナは、7歳の息子を残して家を出る。ぎこちなく2人暮らしを始める父子だったが、少しずつ困難を乗り越え、絆を深めていく。ところが1年半後、職に就いたジョアンナが息子の養育権を主張し、訴えを起こす。子育てが影響し、失業してしまったテッドは、慌てて再就職するも裁判に勝つ見込みは薄くなり……。

I wish I could.

Ted Kramer: Wish I could, but I’m late.
テッド・クレイマー:そうしたいけど、でも遅れてるんだ。

このセリフは、職場で開かれていた同僚の祝賀パーティー会場の横を通り掛かったテッドは、参加するよう声を掛けられる。しかし、息子を迎えに行く時間に遅れていた彼は誘いを断り、足早に立ち去りるところで言われます。

フレーズはこのときのテッドのセリフから。I wish I could. は「残念ながら」「そうできると良かったけど」と、誘いを断ったり、希望が実現できないことを表したりする定番フレーズ。その後に続くはずの but I can’t. (でもできない)は明らかなため、よく省略される。抜粋セリフのように、but 以下に断る理由を続けたり、could の後にしたかったことを述べたりする場合も多い。なお、抜粋セリフのように文頭の主語 I は省略しても伝わる。この表現が聞ける作品は『ゴッドファーザーPARTⅡ』(74)、『ターミナル』(04)、『シンデレラマン』(05)、『ミスト』(07)、『96時間』(08)、『アメイジング・スパイダーマン』(12)など多数。『マトリックス』(99)や『ブラッド・ダイヤモンド』(06)には“I wish I could be there.(そこにいたかった)”というセリフがある。

こんなふうに使えます!

 

 

良く使われるのががI hope は実現の可能性があるときには
I wish は実現しなさそうなときに使います

I hope … は実現の可能性があることについて「……だといいなあ」と表現するときに使い、I wish … は実現の可能性がほとんどないことについて「(無理だろうけれど)……だといいなあ」と表現する場合や、現実とは反対のことを仮定して「(実際は違うけれど仮に)……だったらいいのになあ」と表現するときに使います。
いずれも、現在または未来のことに対する希望を表しますが、I hope の後には現在形または未来形の文が続くのに対し、I wish の後には過去形の文が続くのも特徴の一つです。例えば、友人をパーティーに招待したとします。相手が来るかどうか分からない状況で、期待を込めて「あなたが来られるといいんだけれど」と言う場合は、I hope you can come. と表現します。相手が来られないことが分かっていれば、I wish you could come. と言います。このように wish を使うと、「(実際は来られないけれど)あなたが来てくれたらいいのになあ」と残念な気持ちを伝えることができますよ。

いろいろ使って活用してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です