B0000015GJ.01.MZZZZZZZ

Don’t get me wrong.

Don’t get me wrong.誤解している という意味があります。

I’m impressed how you’ve managed this long. A group home would give her to develop other relationship.

妹とうまくやる家政婦が欲しいベニーに対して、施設に入れることを勧める医師(CCH・パウンダー)とは何だか平行線。医師だってベニーの気持ちは十分わかっているんだけどね。
get something wrong は「誤解している」という意味で、misunderstand より会話的です。 Don’t get me wrong.で 「誤解しないでくれよ」と言う時の決まり文句。そのまま覚えてしまいまショ。
<例>
You’ve got me all wrong. Miss Darrow, please.
I’m not that type of person at all.  そんなんじゃない。
勘違いだ。俺は断じてそういう男じゃない。  『キング・コング 』

manage「何とかやっていく」

【訳】誤解しないで。あなたはよくやってきたわ。 でも施設では他の人々と交流する機会も与えられるし。

自閉ぎみで精神を病む妹ジューン(メアリー・ スチュアート・マスターソン)を両親の死後守り続けてきた兄ベニー(エイダン・クイン)の元にひょんなことから居候することになった 青年サム(ジョニー・デップ)は絶妙なパントマイムと不思議な魅力でジューンの心を開いていく。

Don’t get me wrongは「誤解しないでください」や、「そういう意味で言ったのではありません」といった意味を持つ、非常によく使われる慣用句です。

日本では相手の気分を害さないように批判的な発言を控えたり、言葉を慎重に選んだりして、人間関係の悪化を未然に防ぐ文化であると言えます。ですが、英語圏の国々やビジネスの場面では思ったことをハッキリ言う人が比較的多いため、Don’t get me wrong は批判的な意見のフォローに使われます。

Don’t get me wrong ってどういう場面で使うの?

たとえば、同僚のプレゼンに対して、正直に「最後の部分は少しわかりにくかったです」などと改善の余地を指摘した際、同僚の表情が曇ったのを見受けました。同僚はあなたの意見に対して明らかに不満そうです。

そこで、フォローとしてDon’t get me wrong と言い、「全体的にはすごくよかったですよ」などと、ポジティブな意見を付け加えます。

Hika: Hey Taro, what did you think of my presentation?
Taro: It was well done, Hika. But to be honest, I thought the last part was a little unclear.
Hika: Oh… well, OK. Thanks for the feedback…
Taro: Hey don’t get me wrong. It was a great presentation overall.

Hika: 太郎さん私のプレゼン、どうでした?
Taro: すごくよかったですよ、ヒカさん。ただ正直言うと、最後の部分が少しわかりにくかったです。
Hika: ああ・・・そうでしたか・・・。わかりました。ご意見ありがとうございます・・・
Taro: あ、そういう意味で言ったのではありません。全体的には非常によかったですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です