51mLzM59AUL._SL160_

Give me the wheel!

映画 007/慰めの報酬のワンシーンでこんなセリフがあります。

 

Give me the wheel!
訳としては、「私が運転する!」などとなります。

本日のポイントは、「wheel」。
日本では車やボートの「ハンドル」といいますが、英語で「handle」
とした場合にはただ単に「取っ手」を意味し、車やボートの「ハンドル」
の場合には「steering wheel」、もしくは単に「wheel」といいます。

▼かつて、親・兄弟をメドラーノ将軍に殺され、復讐する為に将軍
▼と同じボートに乗り込んだカミーユ。

▼しかし、メドラーノ将軍がカミーユの事を殺そうとしているのを
▼知らない。

▼カミーユを救い出す為、別のボートで体当たりし、カミーユを自分
▼のボートに乗せて逃げるボンド。

▼将軍の部下が機関銃を撃ちまくりながら追ってくる。
■逃げながらカミーユがボンドに一言
〓〓〓〓〓〓〓[例文]〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

妹の仮免許の練習に付き合うが、あまりにもヒドイ運転で、
家に戻ってくる頃にはゲッソリしてしまった。
○ So, how was I?

● I don’t think you belong behind the wheel.
○ それで、私どうだった?

● 運転しない方がいいと思う。

 

さてこちらの映画はこんな映画です。

 

映画 007/慰めの報酬 2009年公開

はじめて愛した女性ヴェスパーを失い、謎の組織への復讐を誓う ジェームズ・ボンド(007)の姿を描いたスパイ・アクション。

出だしからいきなり大迫力のカーチェイスで始まる本作ですが、 まさに「動けるボンド」ですネ♪ ただ、未だにダニエル・クレイグ=ボンド に違和感を感じます・・・・

-出演-
○ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド/007役)
○オルガ・キュリレンコ(カミーユ役)
○マチュー・アマルリック(謎の組織の幹部、グリーン役)
○ジュディ・デンチ(ボンドの上司、M役) 他

 

映画も一緒にお楽しみください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です