B0000TPA0G.01.MZZZZZZZ

Speaking of

 

Alex: They were camped outside his apartment.
Thomas: Speaking of the apartment, I met your girlfriend.
Alex: She is not my girlfriend.
Thomas: Well, she should be.

恩師であり父親代わりのドミニクが急死した真相を探りにNYから、ローマに飛んできたばかりの司祭アレックス (ヒース・レジャー)。二人の子供の姿をかりて現れた悪霊を追い払ったところへ、親友で同じく司祭のトーマス(マーク・アディ)が現れた。
Speaking of~ 「~と言えば」
誰かが言った言葉を捕らえて、「~と言えば…だよなあ」と話題を そのことに切り替えるときに。 相手の言った話題全体をさすときは、 Speaking of which 「そう言えば」が便利。
girlfriend 「彼女」
boyfriend 「彼氏」もそうだけど、どちらも単なる友達ではなく 「恋人」の意味で使われます。単に「女(男)友達」といいたいときは、friend を使うのが 無難。じゃないと誤解されちゃいます。

【訳】
Alex: ヤツらはドミニクのアパートの外で見かけた。
Thomas: アパートと言えば、お前の彼女に会ったよ。
Alex: 彼女じゃないよ。
Thomas: 似合いだぞ。

司祭は結婚できないが、司祭なんてやめて、NYから付いてきたいわく付の女性マーラ(シャニン・ソサモン)のことを恋人にしろとけしかけるトーマス。彼もまんざらじゃなさそうだ。おまけに、

DVD CD BOOK at Amazon.co.jp

 

It’s you and me. You and me till the wheels fall off.
「二人は一緒よ。この世が終わるまで」

なんて約束しあう仲になったりするんだから、世の中わかりません。 でも、本当に the wheels fall off「運命の歯車が狂い、波状をきたす」ことになろうとは…。

タイトルの「悪霊喰」は sin eater「罪を食べる」者。臨終の淵にある者の罪を食べ、魂を天へと導く不老不死の存在のこと。キリストは十字架にかけられたときに傍にいた罪人の罪も許した。にも関わらず、教会は罪人の魂を救うことを決して、許そうとしなかった。「罪食い」はそんな罪深き人の魂にも救いの手を差し伸べる異端者なのだ。アレックスたちは、教会のドリスコル(ピーター・ウェラー)から、そんな「罪食い」を探し出し、殺すよう命じられるのだが・・・。ストーリーはなかなか複雑でよく練られています。オカルトな雰囲気も出ているし、スリリングな展開もなかなか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です