pic167

Not bad

今回は、Not bad.です。

シュチュエーションに応じていろいろな使い方ができます。

この表現は、『アイアンマン(2008)』で使われています。

セリフは、

Rhodey: That’s the coolest thing I’ve ever seen.
Tony Stark: Not bad, huh?
ローディ:こんなにイカしてるのは見たことがないよ。
トニー・スターク:なかなかだろ?

なかなかだろ?という意味で使われています。

 

not bad は、

そんなに[まんざら]悪くない、まあまあ良い、結構いける、捨て

たものじゃない、やるじゃないか〔案外良い〕の意味があります。

たとえば、挨拶なので、

How are you?

Not bad.

調子はどう?

まあまあだね。などのようにつかいます。

あるいは、

How was he?

not bad for a beginner.

かれはどうだった?

初めてにしては悪くない

などのようにも使えます。

 

またNot bad at all なら反対にとても良い、かなり良いという意味になります。

いろいろなアレンジができます。

『アイアンマン(2008)』はのあらすじです。
同名人気アメリカンコミックの実写化されました。

天才発明家トニー・スタークは、父が残した軍事企業のトップでした。

しかし彼の人生は、中東でテロ組織の捕虜となり、秘密裏に開発した

戦闘用パワードスーツで脱出してから一変します。

そこには、改良型パワードスーツに身を包み、自社の兵器が敵に渡るこ

とを阻止するために戦う決意がありました。

映画も一緒にお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です