月別アーカイブ: 2018年2月

B002BS02CA.01.MZZZZZZZ

black eye

People don’t fall down for getting a black eye.

よくマンガなんかで殴られて目の周りがパンダのように真っ黒になってる顔を見かけますよね。あれが、 black eye「目の周りの黒いあざ」のことです。 会話では「不名誉の印」という意味もあります。ま、見るからにだし。
じゃ、瞳が黒い日本人はどうしたら? He has black eyes. だと「殴られたのか?(eyes なので両目)」 とびっくりされるかも。普通は話の流れでわかってくれるとは思うけれど。 黒い瞳は dark eyes や dark brown eyesで言い表しましょう。

ところで、うさぎのように「赤い目」red-eye という表現もあります。これはどんな時に使うのでしょうか?  答えはこちらへ。

【訳】転んで目に黒あざをつけるやつはいない。

black eye
(殴られて出来た)目の周りの青アザ、面目を失う
ある夜、リハビリ中のハンクを紛らわそうと、親族が集まっての夕食会が開かれた。

その席上で、ハンクが同僚の刑事から渡ってきたゲイルの事件資料をウォルターに見せ、
違法麻薬の製造者であるゲイルを、悪人ではあったが化学の天才だと褒め称える。

そしてハイゼンベルグはゲイルかもしれないというハンクに対し、ウォルターは
ゲイルは大した化学者ではなく、
ハイゼンベルグはもっと優れているはずだと指摘し、スカイラーを慌てさせる。

その場は何事もなく会はお開きとなったが、何と危ない真似をしでかしたのかと
翌朝スカイラーがウォルターを問い詰めるシーンからです。

Did you work together? Who killed him? Was it the people you work for?
一緒に働いてたの? 誰がゲイルを殺したの? あなたの雇い主?(スカイラー)

Definitely not.
まさか。(ウォルター)

(中略)

And I was up all night wondering why you would say that to him.
私一晩中考えてたの、なぜあなたがハンクにあんなこと言ったのかって。(スカイラー)

Because I was drunk, Skyler.
酔ってたからだよ、スカイラー。(ウォルター)

No, but then I was remembering your black eye.
いいえ、で私、あなたが青タンを作ってた事を思い出したの。(スカイラー)

Your business disagreement that you don’t want to talk about.
仕事のことで食い違いがあったとか何とか、あなたは話してくれないけど。(スカイラー)
black eye は直訳すると「黒い目」ですが、
これは「(殴られて出来た)目の周りの青アザ、面目を失う」という意味で
今回は前者の意味で使われています。

日本だと内出血のアザは青アザですが、英語では黒アザとなるんですね。

ところで黒目と言えば、私たち日本人の瞳を思い起こしますが
外国では東洋人の黒い瞳は dark brown eye と表現されるもので、black eye ではないのです。

 

 

 

B000QUTRTE.09.LZZZZZZZ

give someone the creeps

Jeff: What’s the matter?
Carolyn: I don’t want to go any closer.
Jeff: Carolyn, what are you talking about?
Carolyn: It gives me the creeps.

ジョージ(ジェームズ・ブローリン)の新居を訪れたビジネス・パートナーのジェフ(マイケル・サックス)。ところが、霊感の強い妻キャロリン(ヘレン・シェイヴァー)は、表情を変え家に近寄ることを嫌がった。
give someone the creeps は「誰かをゾッとさせる」こと。creep は身の毛がよだつような「薄気味悪さ」を意味します。
【訳】
Jeff: どうしたんだ?
Carolyn: これ以上、近寄りたくないわ。
Jeff: キャロリン、何を言ってるんだ?
Carolyn: 薄気味悪いわ。

殺人事件のあった家だけど、この敷地にこの値段。 家が感情を持つわけもなく。思い切って購入した家。 ジョージとキャシー(マーゴット・ キダー)と3人の子供たちは、悪霊に取り憑かれた家とも 知らず越して来る。だが、じわじわと怪異が一家を襲っていく。 この家を訪問して以来、寝込んでしまった神父(ロッド・スタイガー)は悪魔の存在を確信する のだが…。

 

1974年、ロングアイランドのアミティヴィルで実際に起きた超常現象を題材にしたベストセラー・ノンフィクションの映画化。

←Listen! ジョージは、ジェフの待つ酒場に、

生徒2人と少人数のレッスンでなかなか面白かった。もう一人の生徒はイタリア人男性で、信じられないくらいよく喋ったがああん…。。イタリア人って本当によく喋るなぁと改めて実感。

本英語ノート
The snake slithered across the grass. (蛇は芝生をずるずると進んだ)
slither スリザー 滑るように進む

The lizard crawls out of the hole. (トカゲが穴からでてきた)
lizard リザード トカゲ
crawl のろのろ進む、はう、腹ばいで進む

A snake is a form of reptile. (蛇はは虫類の一種だ)
reptile レプタイル は虫類

A horse trots in the pasture. (馬は牧草地を小走りする)
trot (馬などが)速足で駆ける、小走りする

I’m scared of snakes.(蛇が怖い)
It gives me the creeps!(ゾッとするよ~!)
creep ぞっとする感じ、不快な人
give someone the creeps  (恐怖心・不快感などを与える物・人が)(人)をゾッとさせる

もう一つ例文:
A big cockroach gave me the creeps.(大きなゴキブリにぞっとした)

The snake is domesticated. (その蛇は飼いならされている)
domesticated (動物が)飼いならされた

6303968945.01.LZZZZZZZ

in the clouds

His head is always in the clouds .

彼は夢想家だから。

in the clouds「現実離れした」
雲の上でふわふわ。ぼんやりと空想にふけること。 なんか気持ちよさそーだけどねぇ。 これは「雲をつかむようで現実的でない」という意味。反対に「現実的な」人と 言いたければコレを。
He’s down to earth.
やっぱ足は「地についている」に限ります?
ロビーとルーベン(アンディ・ガルシア二役)は双子の兄弟とは言え、性格から生き方まで丸っきり正反対。 ロビーはやり手の実業家だけど、双子の片割れルーベンは「夢想家」。 そんな二人に訪れた母の死。彼女の遺言に一同、えっ?!

英訳例
spacing out
head in the clouds
off in la-la land
英訳1:space out で「ぼーっとする」という意味があります。人が話しかけているのに他のことを考えているような場合によく使う表現です。「上の空」や「心ここにあらず」という日本語にぴったりですね。

英訳2:1の space out も何となくわかると思いますが、head in the clouds も想像できるでしょう。「頭が雲の中」ということは、「空想にふける」「ぼんやりする」という状態から「上の空」という意味で使えます。

英訳3:面白い表現ですが、la-la land「夢の国」を使う言い方があります。off in を添えて「夢の国に行っちゃってる」というニュアンスで、daydream「白昼夢を見る」「空想にふける」 と同じです。

使い方としては、これらが参考になるかと思います。
– Sorry, I didn’t hear, I was spacing out.「ごめん、聞いていなかった」
– Are you listening, or are you off in la-la land?「聞いてんの?それとも上の空?」
– My head was in the clouds.「ぼんやりしてたわ」