月別アーカイブ: 2016年10月

51mLzM59AUL._SL160_

Stick around

先回に引き続き007/慰めの報酬のシーンの表現でStick aroundがあります。

stick aroundは、
近くにいる、辺りをブラブラする
〔考えなどに〕固執する
《テレビ・ラジオ》チャンネルを変えずに見続ける、聞き続ける
《インタ―ネット》サイトに出入りする

という意味があります。

例としては、
stick around for a few minutes
少しの間居残る
stick around long enough to
~する間ずっと側にいる
stick around the office after working hours
勤務時間後に事務所に残る

のような使い方ができます。

映画のシーンでは、

自分を殺そうとしたグリーンのところへと戻ってきたカミーユが自分は裏切ったわけではなく、グリーンを守ろうとしていたのだと説明します。

とりあえずカミーユを信じるフリをするグリーンですが、もうすぐやってくるメドラーノ将軍の話になり、カミーユはメドラーノ将軍の近づく為に自分に近づいたのではないかと疑うようになります。

そこへボートに乗って、メドラーノ将軍がやってきたシーンです。

セリフ:

グリーン

Stick around. I’ll introduce you.
訳としては、「いとけよ。紹介するから。」などとなります。

本日のポイントは、「Stick around」。
これは、「(帰らずに)その場にいる。」、「その場に残る。」などといった
意味で使われます。 また、「近くをブラブラする。」などといった意味
でも使われますので、実際にその場にいるという意味以外でも、テレビやインターネットをブラブラ見るという意味もあります。
〓〓〓〓〓〓〓[例文]〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

友人宅でのホームパーティー。そろそろ数人が帰ると言い出した。
○ What about you, James?

● I think I’ll stick around a little longer.
○ ジェームズはどうする?

● 俺はもうちょっといるよ。

 

映画紹介:

007/慰めの報酬2009年公開はじめて愛した女性ヴェスパーを失い、謎の組織への復讐を誓う ジェームズ・ボンド(007)の姿を描いたスパイ・アクションです。出だしからいきなり大迫力のカーチェイスで始まる本作です。

51mLzM59AUL._SL160_

pay off

007/慰めの報酬のシーンの表現でpay offがあります。

pay offは、
〔努力や投資などが〕利益[効果]を生む[もたらす・挙げる]
〔負債の全額を〕完済する、清算する
賄賂を使う、金をつかませる
〔必要な金を払って従業員を〕解雇する

という意味があります。

セリフ:
かつてはボリビア政権を手中にしていた独裁者、メドラーノ将軍の復権に協力するグリーンとのシーンで現政府の地盤は揺るぎ始めているとメドラーノ将軍に話す。そしてグリーンがメドラーノ将軍に一言

We’ll pay off the right officials.
訳としては、「我々がワイロを払うべき役人にワイロを渡します。」
などとなります。
本日のポイントは、「pay off」。
これは「(借金などを)支払う。」という意味でも使われますが、今回の
場合には「ワイロを渡す。」、「買収する。」などといった意味で使われます。。
〓〓〓〓〓〓〓[例文]〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

何度もワイロを払って建築許可を得ようとする業界関係者です。
○ Did you hear that he couldn’t get a building permit again?

● I guess he didn’t pay off the right officials.
○ 彼、また建築許可を得る事ができなかったって聞いたかい?

● ワイロを払うべき役人にワイロを渡さなかったようだね。

 

007/慰めの報酬2009年公開はじめて愛した女性ヴェスパーを失い、謎の組織への復讐を誓う ジェームズ・ボンド(007)の姿を描いたスパイ・アクションです。出だしからいきなり大迫力のカーチェイスで始まる本作ですが、 まさに「動けるボンド」ですネ♪ ただ、未だにダニエル・クレイグ=ボンド に違和感を感じますね。

pic337

Shall we?

『三銃士 / 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011)』のセリフShall we?です。

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(さんじゅうし おうひのくびかざりとダ・ヴィンチのひこうせん、原題: The Three Musketeers)は、アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『三銃士』を原作との作品です。

『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンによって監督された2011年の3Dアクション映画作品。2011年9月1日にドイツで封切られました。
キャッチコピーは「伝説よりも、ハデにいこうぜ!」でしたよね。

アレクサンドル・デュマ原作の小説を大胆にアレンジしたアクション作品で、17世紀のフランス。銃士に憧れる青年ダルタニアンは、ひょんなことから最強とうわさされる三銃士と意気投合するという物語です。そんな中、女スパイのミレディが王妃の首飾りを盗み出す。首飾りの奪還を依頼された4人は、権力争いと陰謀から国を守るためミレディを追うストーリーです。

このなかのセリフShall we?です。
セリフ:

Milady: Shall we?
ミレディ:いいかしら?

シーン:

ダルタニアンがパリで三銃士に出会う3年前でした。ミレディと三銃士は、ヴェニスでダ・ヴィンチの飛行船設計図を手に入れようとしていた。フレーズは、ミレディが秘密の部屋への鍵を開ける際に三銃士に掛けた言葉は、「準備はいい?」「それでは始めようか」「さあやろう」など、これから取る行動の前置きとしてよく使われるのがこのShall we?なんですよ。

このフレーズのみのときは、疑問文 Shall we ~ ? (~しませんか)の「~(具体的内容)」の部分や、付加疑問文 Let’s ~, shall we? の「Let’s ~(具体的内容),」が説明が不要なほど明らかなため省略されています。

少しカジュアルなシーンでよく使われる表です。

やってみよう!のような誘う表現ですね。

こんなふうに使ってみよう

Silberman: Let’s move on, shall we?
シルバーマン:では次に移ろう、いいかな?
『ターミネーター2』(91)より

Shall we dance?は日本でもはやりましたよね!